バーレーン観光スポット5選

バーレーンは古代からの貿易ルートとして隆盛し、今でもその名残が生活のすべての面で反映されています。多くの観光客に親しまれる30の島からなるこの国の首都マナマは出発点として最もふさわしいです。多くの航空会社が魅惑的なバーレーンへのフライトを運行していることは驚くべきことではありません。

 

ここではバーレーンの主な観光スポットを5つ紹介します。

 

スークSouq

 

ショッピング好きの方にはマナマ・スークはいかがでしょう?何千もの電子機器、金宝飾品、香辛料、シーシャ(水タバコ)のボトルなどがあり貴重な体験になること間違いありません。現地人と交流するにもぴったりですから少し言葉を学んで地元の習慣を肌で感じましょう。このスークは土曜から木曜日まで、 金曜日はお祈りの終わる夕方から開いています。

 

アル・ファティ・モスク

モスクを訪れたい方はこの国立モスクがオススメです。誰でも入場することができ、イスラムの習わしや信条などを垣間見ることのできる珍しい場所です。 ガイドツアーも多くあるため気軽に行くことができるでしょう。

 

生命の木

ここでの魅力は砂漠の真ん中にそびえ立つ一年を通して常緑樹であるメスキートの木です。この不思議な木は世界中の科学者の研究対象となっています。

街からこの木を見に行くのはトレッキングとしても良い経験になるでしょう。

 

ディルムン古墳

この古墳は4000年前のもので世界でも最も古いものの一つです。一つ一つが小さな家の大きさからなり35万以上が存在します。多くの出土品が発掘されるため、バーレーンの中でも最も重要な観光スポットと言えるでしょう。

 

バーレーン要塞

このユネスコ世界遺産に登録されている要塞はバーレーンがポルトガル領であった時代に遡るものです。今では中に入り素晴らしい景色を見渡すことができます。要塞の至る所にシュメール語が刻まれているのも興味深いところです。

 

旅行好きの人にとってバーレーンはユニークな経験を提供してくれる場所となるでしょう。

訪れておきたい南イタリア5つの街

イタリアの真の美しさは南部にあり、そこにはイタリアの魂があると言われます。豊かな文化、古代遺跡や人々の穏やかな生活様式を堪能することができ、何度も訪れたいと思うでしょう。ここでは5つの南イタリアにおける代表的な観光地を紹介します。

パレルモ

シチリアは3000年前から貿易、文化の交わる場所として、多様な文化、食生活や建築が今でも見ることができます。パレルモではこれら全てが揃い、カラフルな街並み、賑やかな市場が地中海の生活を象徴しています。人気観光地のため、多くの航空会社がパレルモ行きのフライト を運行しています。

 

ポジターノ

ポジターノは南イタリア・アマルフィ海岸にあり、崖やその間にある幻想的な村落は記念写真にぴったりと言えるでしょう。この町は崖に対して垂直に建築物がそびえ、長い階段とパステルカラーの住宅で有名です。ナポリ行きのフライト からボートやバスでポジターノを訪れましょう。

 

トラーニ

他の観光地より知名度は劣りますが、トラーニももう一つの美しい観光地です。9世紀に生まれたこの町は中世の名残が多く見られます。美しい大聖堂、ヴェネツィアのドゥカーレのゴシック様式宮殿やスコラノーヴァのシナゴーグなどが有名です。トラーニへはバリ からバスに乗りましょう。

 

ナポリ

ナポリは南イタリア最大の都市で最も重要な文化財や観光地が存在します。ピザ発祥の地であるだけでなく、テラコッタの人形や職人のアトリエ、お城など見所はたくさんあります。

 

マテーラ

建築物好きにとってもう一つの南イタリアにおける代表的な観光地と言えばマテーラでしょう。サッシ地区は13世紀に作られ、ユネスコ世界遺産にも登録されています。あまり有名でないため、ミラノ行きのフライト を取り、そこから現地の交通機関で向かうのがオススメです。

 

次にどの町を訪れるかもうお決まりですか?

世界の滝5選

滝は自然の中でも最も美しいものの一つです。ほぼすべての大陸に滝は存在しますが、今回その中から最も美しいものを5つ紹介します。

 

バガテル公園(フランス・パリ)

パリに滝があるのをご存知ですか?知らなくても無理はありません。その滝はブローニュの森内の美しいバガテル公園にあります。

 

この滝の特徴はその裏を歩けることです!今すぐパリ行きのフライトチケットを買ってこの素晴らしい滝を見に行きましょう。

 

カスカーテ・デル・セリオ(イタリア・ミラノ)

イタリア最大の滝はミラノから160キロのところにあります。最長315メートルのこの滝は3つに分かれ、ヴァルボンディオーネという町を囲います。ミラノへのフライトは多々あるのでこの絶景を拝むのはそれほど困難ではないでしょう。

 

ライン滝(スイス・チューリッヒ)

ヨーロッパで最も風光明媚の滝といえばチューリッヒ から電車でノイウハウゼン・アム・ラインファルという駅へ向かいましょう。23メートルの高さ、150メートルの幅のこの滝は控えめに言っても壮観です。 ライン滝のアドベンチャー公園内の11の小道を歩いて景色を愉しみましょう。

 

トリベルグの滝(ドイツ・フランクフルト)

ドイツのシュヴァルツヴァルト(黒い森)の中にあり国内最長を誇るトリベルグの滝。高さは163メートルに及び、更新世の時代に誕生したと信じられています。この滝を見るためにはフランクフルト から車か電車を利用してください。

 

クリムルの滝(オーストリア)

クリムル村をハイキングしながらオーストリア最長の滝を愉しみましょう。更に周辺の田園地帯の景色を堪能することもできます。ウィーン かザルツブルクから電車か車を利用すると良いでしょう。

 

これらの滝を見たことがありますか?

仲間と一緒に行く旅行10選

仲間と一緒に行く旅行は飲みに行ったりのらくら過ごしたり、邪魔なく好きなことをできることができます。

 

ここでは仲間たちと一緒に楽しめる観光地の中から10の都市を選びました。これを参考に事前にフライト、ホテルを予約してください。

 

ラスベガス(アメリカ)

言わずと知れた人気観光地ラスベガスには食べ物、パーティー、カジノ、大人向けエンターテインメントや比類なきナイトライフなど全ての娯楽が揃っています。多くの航空会社がラスベガスへのフライトを運行しているため、アクセスも簡単です。

 

ロンドン(イギリス)

静かにお酒を飲むにも、大規模なパーティーに参加するにもロンドンは仲間と行く観光地として最高の場所です。少しばかり値が張りますがここで体験できることはかけがいのないものとなるでしょう。世界中ほとんどの主要都市からロンドンへのフライトが利用できます。

 

バンコク(タイ)

予算を抑えたい方にはバンコクがぴったりです。バンコクへのフライトは数多く、多くの冒険、大人向けエンターテインメントの選択肢があるので、旅行が良い思い出になることは間違いないでしょう。

 

アムステルダム(オランダ)

自由な都市といえばアムステルダム。自転車を借りて街を探検しましょう。仲間とリラックスしたりパーティーを楽しむのに最適です。今すぐ眠らない街、アムステルダムへのフライトを取りませんか?

 

フランクフルト(ドイツ)

フランクフルトへの航空券を買ってドイツの歴史を学んだりショッピングを楽しんだり、夏から秋にかけて毎週末行われるパーティーに参加しませんか?

 

シドニー(オーストラリア)

シドニーに行ってオペラハウスのコンサートを楽しみましょう。野生動物を間近で見ることもできます。

 

ダブリン(アイルランド)

ダブリンは世界最高のビール産地で、仲間と一緒に行くのに最適です。醸造プロセスも一見の価値があるので醸造所のツアーに行ってみるのも良いでしょう。多くのダブリン行きのフライトがあるため、簡単にアクセスすることができます。

 

ブエノスアイレス(アルゼンチン)

南米のパリとも呼ばれ、素晴らしい食べ物や景色が驚くほどの物価で楽しむことができます。多額を払わずに贅沢なバカンスを送りたい人にオススメです。今すぐブエノスアイレスへのフライト を購入しましょう!

 

パリ(フランス)

どんな人にとってもパリは魅力的な街です。散歩したりエッフェル塔に登ったり、ルーブルに行ったり、楽しみ方は様々です。もちろんパリ行きのフライト はどの都市からも利用できます。

 

ニューヨーク(アメリカ)

どの都市よりもニューヨークでは男性向けのショッピングが楽しめます。ニューヨークへのフライト が世界中の主要都市から運行されているのは周知のことです。

 

このリストを参考に目的地を決めてください!

一人旅する方へ10のアドバイス

一人旅は勇気のある人にとって新しい冒険の世界を開く貴重な体験です。自分について知ることのできるスピリチュアルな旅で、同伴者の先入観に邪魔されることなく訪れる場所を十分に堪能することができるでしょう。

 

一人旅についていくつかのアドバイスがあります。

 

安全管理

一人旅において安全管理は最も重要です。フライトチケットや宿泊先ホテルを押さえる前に訪問する町について包括的に事前に調べましょう。

 

軽装

一緒に運んでくれる同伴者がいないので荷物はできるだけ少なくして、必要なものだけを持って行きましょう。

 

日没前に目的地に到着

夜中に迷うと危険です。一人で新しい場所に赴く時は目的地に日没前に到着するように心がけましょう。

 

一人で食事を愉しむ

多くの人は一人での食事を退屈したり怖がったりして好みません。しかし自分を知るのにはとてもいい機会です。リラックスしてお一人での食事を愉しみましょう。

 

現地の文化を学ぶ

少し長く滞在する場合現地の語学学校や料理教室などに通ってその場所の文化に触れましょう。

 

必要なもは常に所持する

場所によって必要品は様々です。例えばイギリスでは傘は欠かせません。

 

電話代を節約

シムロックフリーの電話を探し、現地でシムカードを調達して電話代を節約しましょう。又はスカイプなどのIP電話を使って旅行中遠く離れた家族や友人に連絡を取りましょう。

 

ツアーを利用

自分で計画するだけでなくツアーもたまに利用しましょう。新しい出会いがあるかもしれません。

 

現地人との会話

恥ずかしがらず現地人と積極的に話し、その場所独特の雰囲気を愉しみましょう。

 

セルフィーを撮ろう

通行人などに頼むのではなく、自分で観光スポットを背景に写真を撮りましょう。自分にとって最高の瞬間をとらえることができるからです。

 

一人旅は爽快で貴重な経験となります。上のアドバイスを参考に是非あなたもチャレンジしてください。

スムーズな旅行のための5つの「空港ハック」

空港ハック」と聞いて驚かないでください。違法行為などではなく、目的地までの旅を潤滑に行うために必要なアドバイスを意味します。

 

ここではフライトをよく利用する人にとっての常識の中から5つのアドバイスを選びました。

安い駐車場

旅行において最も大きな悩みの種の一つが空港での駐車です。旅行前にオンラインなどで割引等下調べをし、計画を立てましょう。プロモコードやクーポンなどを利用することで安くなることもあります。

帰ってきたときに駐車した場所を忘れないように写真を撮っておくことも忘れずに。

 

座席を選ぶ

フライトで座りたい席は人により変わります。チケット購入時にウェブサイトから座席を指定することができます。例えば電源が近かったり、脚を伸ばしやすい席を選ぶことができます。

 

機内持ち込みバッグにできるだけ荷物を詰める

宝飾品やポケットの中にある硬貨などはセキュリティチェックの際により時間がかかりますので、機内持ち込みバッグに詰めておくことにより素早く済ますことができます。

 

荷物の重量を自宅ではかる

重量オーバーのため空港で荷物を詰めなおすことは旅行中に起こりうる最悪の事態の一つです。これにより旅行全てを台無しにすることもありますし、幸先の悪いものになってしまいます。このようなほろ苦い経験を避けるために自宅で荷物の重量をはかり、必要のないものは家や車に置いていきましょう。

 

食費を節約する

空港での飲食は考えられないほど高額です。フライト を待つ間スナック菓子などを持参しましょう。これで食べ物は節約できます。お水に関しては空のボトルを持参してセキュリティチェックを通った後に満たしましょう。

 

これらのアドバイスを次の旅行に役立たせてください。

荷物リスト:マンチェスター旅行の必需品

マンチェスターは比較的知名度の低い観光地ですが、ナイトライフ、「Curry Mile」などを含むレストランやもちろんサッカークラブ・マンチェスターシティーの本拠地があり多くの娯楽が待っています。どんな目的で行っても必ず何か面白いことを発見できるでしょう。そのため近年マンチェスターを訪れる観光客は増加しているのです。多くの航空会社がこの傾向に注目し、マンチェスターへのフライト数は格段に増えています。

 

ここでは旅行者としてマンチェスターで快適に滞在するために欠かせない必需品をいくつか挙げます。

レインコートと傘

一年間を通して140日降雨量が1000mmを超え、さらに140日1000mm以下の雨が降ります。要するにいつ旅行しても雨を避けることができないということです。このためレインコートや傘は一番の必需品となるのです。

 

履きなれた靴

マンチェスターでは徒歩、若しくは公共交通機関での移動が一般的です。多くの観光客は便利で安いトラムを利用します。しかし場所に馴染むためには歩いて回るのが一番ですから、履きなれた靴を持って行きましょう。

 

身分証明書

どの旅行でもパスポート、ビザや帰りの旅券などは欠かせません。旅行について聞かれることもありますので、ホテルのレシートや旅行のプランを常に所持してください。出身国によっては英国に入国するのにビザは必要ないので、出発前に調べておきましょう。

 

応急処置グッズ

胃薬から絆創膏まで、応急処置グッズは旅行には欠かせません。マンチェスターは住みやすい都市ですが、緊急時に備えて常備薬などを用意しておきましょう。

 

マンチェスターは英語圏であるため訪問しやすい観光地です。水道水も飲めますし予防接種も必要なく、街も安全です。上記のものを準備することでよりよい準備ができ、快適な旅行ができるでしょう。